京都その3 杉本彩さんのアルゼンチンタンゴライブ

杉本彩さんのアルゼンチンタンゴライブがあったのはちょうど一週間前。

c0263879_18575544.jpg


第二部は事前にチケットを購入していました。
私の座席は『ね列の12番』
前から数えると結構後ろだなあ、双眼鏡持っていかなきゃ。
そして当日。ん?最後尾の席、あ列だわ。珍しいね。
ね列を探して舞台の方へ歩いていきます。どんどんどんどん。。


あれ?ね列って一番前じゃない!きゃ~~~!
舞台のまん前で真ん中よりちょっとだけ左の席。すごい嬉しすぎる♪
だって手を伸ばせば届いちゃいそうなくらいの距離なんですよ。
双眼鏡が全く必要ないこの近さ。
嬉しさを抑えて開演時間を待ちました、ドキドキ。


待ちに待った杉本彩さんのアルゼンチンタンゴ。
最初は黒いドレスに赤いお花のコサージュを付けて大人の哀愁漂うタンゴ。
次はラメが入った赤いドレスで猫をイメージしたかのような踊り。
かっこいいながらもとてもキュートで、赤い首輪をした子猫のダンスのよう。
最後は真っ白なドレス。清楚ながらもきりっと美しい踊りでした!


アルゼンチンタンゴ特有のあの歯切れの良い華麗な脚さばき。
日本人離れした細くて長い脚によって魅せてくれる。
ほんとうに素晴らしかったです。


写真が手元にあればもっとお伝えできるのにザンネンながら撮影禁止。


チャリティーオークションの時にはとても素敵な紫のドレス。
数ある商品の中で特に目を引いたのはデヴィ夫人からの金色の着物です。
100万円以上したのではないかという豪華な着物。
彩さん 「じゃあ私がこれ落とすわ。10万円で!」 おおーーー!
そしたら彩さんの旦那様が立ち上がり「僕が妻に20万円で!」 ひゃーーー! 
彩さん 「ほんま?嬉しいけど、お金あんの?」 (京都出身の彩さん、関西弁丸出し)
旦那様 「なに言うてんねん。あるよー。」
彩さん 「えーー?貸しとこうかー?」 旦那様 「いや、だからちゃんとあるって。」
そしてチャリティーボックスにご自分のお財布から20万円もの大金をポンッとお入れになったのでした。
2~3年先になるのかな、京都市発足の環境の整った収容施設の基金として使われます。
次こそは私も勇気を出して声をあげるぞっ。


そして彩さん動物への想いを熱く語ってくれました。
「人と動物とが共生できる町づくりをしていきたい。」
「人間の利益とエゴで犠牲になる子たちをこれ以上増やしたくない。」
「もし動物を飼いたいと思ったときはぜひ里親という選択肢を。」



たくさん語ってくれました。またぜひお聞きしたいです。






入り口で頂いたものがありました。それはブブデリベルという健康茶。

c0263879_15142370.jpg

c0263879_15142421.jpg



早速飲んでみましたよ。カップ一杯分のお湯にサッと溶けます。

c0263879_15143030.jpg


健康茶というだけあって体に良さそうなものがいろいろ入っています。
甘いバニラの香りがふわ~と漂ってきます。
味も美味しく香りも良くて、そんな健康茶いいですよね。
いつか購入してみたいと思うお茶でした♪

♪ブブデリベル♪
Liberata 健康茶も化粧品も動物実験を一切行っていないそうです。



c0263879_15143131.jpg

なにやら忍び寄る白い脚。 お決まりのエイエイっをやられました。。
[PR]
by nekoneko8787m | 2013-03-24 22:33 | 動物あいご
<< ムフムフモモと青空と 美味しいサンドイッチ食べてきたよ >>